いや~な害虫にNO!

植木における害虫駆除は早めの対応が肝心

植木を脅かす虫には、蛾の幼虫やカイガラムシなど多くの種類があります。
害虫駆除を行うときは、幹や枝を傷めないように注意しなければなりません。
まずは、ほうきやブラシなどを使って害虫を掃き落とすことから始めましょう。
毛先が固めのものを使うと幹や枝を傷つけてしまう可能性があるので、柔らかめのものを選ぶようにします。
単純に掃き落とすだけでも、こまめに行えば十分な害虫対策となります。
あるいは、植木用の殺虫剤を使うのも効果的です。
殺虫剤にはスプレータイプや幹に塗布するタイプなどがあります。
いずれのタイプでも、人体や周辺の環境に与える影響が考慮されているため、それほど強い薬剤は使用されていません。
ですので、しっかりと効果を得るためには、ある程度は継続的に使用していく必要があります。
また、害虫は早目に駆除しないと瞬く間に数を増やしていきます。
一匹でも見かけたらすぐに駆除を行い、被害を拡大させないことが大切となります。

害虫駆除作業で植木を傷めないための心得について

植木に害虫が発生すると見栄えが悪くなったり成長が著しく遅れる他、場合によっては枯れてしまうことがあります。
そのため、速やかに害虫駆除を行う必要がありますが、殺虫剤の成分によっては植物に悪影響を及ぼしてしまう物もあるので注意が必要です。
また、屋外の植木の害虫を駆除する場合は周囲に薬剤が飛散しないように作業を慎重に行うことも社会的なマナーになります。
植木の葉や樹皮についた傷口から殺虫剤が染み込んで変色したり枯れてしまう可能性もあるので、害虫駆除の際には外観をよく観察して傷が無いことを確認します。
また、害虫の種類によっては卵や蛹が樹皮の奥に隠れていることもあるので繰り返し駆除作業を行うことが被害を拡大させないための心得です。
専門業者に駆除作業を依頼するのが安全に害虫を取り除く最も確実な方法ですが、使用する薬剤や人員によって料金が変わってくるので事前に確認したうえで作業の見積もりを行う必要があります。

recommend

赤珊瑚を買取ってもらう

最終更新日:2018/9/7

トップページ

 

植木

 

健康

 

 

入居前

 

お問い合わせ

 

Copyright(C) 2015 NO!PEST. all rights reserved.